東京でアンテナ工事を検討している人に向けた情報集サイト
アンテナ工事を行っている東京のおすすめ業者
Menu

スマートフォンやiphoneのことをうらやましいと思っています。その主な理由はポケットに入るパソコンを具体化できているところです。起動までのスピードも魅力です。スマートフォンを得たらテキストベースの仕事もできるのではと思うこともあります。クラウドだってある世の中です。写真はこれまではガラケーの方が優位な事が多かったのですが、今ではほとんど同じ画素数です。写真にするのにはもうどちらが有利とはいえない感じです。わたしが活用したいと思っているデータとはハードディスクに未分化の情報として眠っているもので、それをスマートフォンに入れてさまざまなソフトを使って、その情報を具体的に目に見えるものや耳に聞こえるものにしなくてはいけないと思いました。その作業が少し長いわけで、ファイル操作という行為が好きではないわたしはスマートフォンより一度に移せるタブレット型のタブレットをうらやましいと思ったのでした。ただ電話ができる機能を不要と思う人がいるとは思えません。

基本的には電話が必要なので、電話機能がないタブレットはその分もどかしいことでしょう。タブレットとガラケーの2つ持ちでは、せっかちなわたしは利用の複雑さからいやになりそうです。そうなるとやはりスマートフォン1つで済ませるのがよいようです。わたしの今持っているガラケーを携帯の買取を通じてなるべく高く買い取ってもらって、高価な機種代をなるべく下げる努力をしたいところです。昔と違って今はガラケーも中古的に価値を持っている時代です。とくに白ロム機は携帯会社を通じて設定を変更する必要もなく、自宅で簡単にロムを入れ替えるだけで機種変ができてしまいます。通信方式も違うので白ロムと言っても別なキャリアの機種ではこの手は通用しませんが…。このお手軽な方法が可能になったおかげで中古市場は1つの勢力になっていますね。

スマートフォンやiphone ケースもいろんな業者が登場していますので、例えばインターネットなどでデザインを簡単に比較することができるようになってきました。少しでも気に入ったデザインや使い勝手のケースを選べるののでこちらとしては有利です。わたしが今持っているのはカメラタイプのガラケーなのですが、スマートフォンに変わるとシャッターを押す姿勢が変わってしまいます。これまでならレンズを被写体に向け自動で焦点が合いシャッターを押すという一連の動作は普通のコンパクトカメラに似ています。したがってカメラとしては自然な姿勢で対象に向かえたのです。スマートフォンにしたらどんなときでもまずは被写体の方へ差し出すように構えて撮らなくてはいけません。持っているだけでは不充分ですぐに構えることができなくてはならないのです。そのことは普通のカメラでも基本的には同じと思うかもしれませんが、わたしがカメラをうらやましいと思う理由はファインダーがあるので顔にさっと寄せて構えることができる点です。このあたりは慣れていって、やはり時代についていかないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*